ルーツ

だれを目指せばよかったのか?

師匠を求めて

私には美容師としての師匠がいません。修行時代から師匠と呼べる人に出会ってきていません。これは業界では意外と不思議な事だろうと思います。

なぜそうなって行ったのか。そのように決められていたと、思うように今はなりました。でも、実際に修行はしてきたのですから、先輩たちにはたくさん出会ってきているのです。先生と呼ぶ方もいましたし、店長と呼ばれる方にも何人か出会いました。

美容講習にもたくさんいかせてもらいましたし、自分から探して講習会にも足を運びました。しかし・・・師匠という人には出会っていません。本当はそのような人がいた方がいいのです!

へそ曲がりだったのかもしれません

一つの店に17歳から入っていき、暖簾分けで独立する30歳まで、美容室を変わらなかったですから、そこの美容室の先生が師匠といえば師匠なのかもしれませんが、技術的にはもう一般的には認められるような技術ではなかったので、私自身も長く会社にはいましたが、やはり何か違うなっと感じていました。

途中大手のチェーン店からやってきた店長に出会い、相当可愛がっていただきましたが、途中退社して行ったのでやはり中途半端な感じで、技術もブロー技術だけしっかり身に付けた感じでした。

美容師になる為に生まれてきていると思って

生まれながらに散髪屋の息子でした。ハサミも物心つく頃には、時々シャカシャカ大人の真似をして、親指だけ動かすんよって聞いていましたから、真似てました。
美容師を目指すようになったも、導かれるようになって行きましたが、シャンプーを練習している時から、小さなハサミをずっと行きと帰りの電車の中で動かしていました。

なので、初めてカット講習に出向いて行った時、講師の方から、ハサミの動かし方だけは相当慣れてるねって言われました。デザインはめちゃくちゃでしたが・・・
cropped-IMGP4080s-1.jpg

先輩の仕事を見るのが面白くて、面白くて、早くカットに入りたい!そればかり考えていましたし、現場でさせてもらえなくても、美容師目指して半年後には友人の髪の毛にパーマやカットをしていました。すべて見よう見まねの、でたらめでしたが・・・

しかし、お店でカットをするまで5年間かかりました。遅いんです。
ずっと助手だったんですね。ところがカットをし始めるきっかけは、もう、とんでもない状況からする羽目になっていくのです。

関連記事

  1. 美容師として

    「髪には水・水・水」

    9年前に書いた記事ですが、今現在も全く同じ事をずっと言い続けてきてい…

  2. 美容師として

    生き残る

    美容師として売れたい!若い頃は特にそう思っていましたし、今でも…

  3. ルーツ

    ずっと側に

    オヤジの背中と言うことで書いています。ずっと続いてきていますので、…

  4. 美容師として

    保護中: 美髪塾バックナンバー1

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  5. ルーツ

    生まれながらに持つ力

    美容師の仕事とは・・・我慢と辛抱の塊です。これは別に美容師の仕事に限ら…

  6. 人として

    一人で始める勇気

    いま、現代人に一番なくなっているのものが「呼びかけ」だという記事を見つ…

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

電子書籍

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

元気

  1. 人として

    「間抜けで不思議な2時間」
  2. なんちゃって演歌

    あの鐘を鳴らすのはあなた なんちゃって演歌9
  3. 人として

    斎藤一人さんの教え3
  4. ルーツ

    ずっと側に
  5. 人として

    3月18日「一度ぎり」坂村真民 一日一言
PAGE TOP