人として

「間抜けで不思議な2時間」

この話は

今思い出しても不思議でならない話を書いていたんだなと・・・

実は、この出来事が起きる前に、家に仏壇を入れていたのです。変な話になりますが、きっとご先祖様が「財布を抑えてくれていた」と今でも思っています。

大都会で経験した不思議な出来事です。

新聞掲載5話目になります。

昨年の6月、東京の原宿で買い物をしていて体験した、間抜けで不思議な出来事。
 それは、家族にお土産を買った後、2時間くらい飛行機の時間があったので、周辺の店を見て回りました。少し雨が降っていましたが、時間を無駄にしたくないので、精力的に動いて、とても楽しいひと時でした。
 手に持っていたのは、そんなに大きくないトラベルバック。平坦な道ではコロコロと引っ張り、階段などは抱えて移動していました。あっという間に時間は過ぎ、駅に向かう表参道で、ふとバックに目をやりました。
 すると、そこにはバックの上に自分の財布が。一瞬体が凍りつきました。なぜ?そんなところにのっているのか、お土産を買ってから、何も買っていないのに・・・。あれからずっと、バックの外にあったとは・・・。
 多くの人の中、よくも落ちなかったものだと。駅に着き、同じようにのせて歩くと落ちた。僕は、空港に向かう電車の中で、何度も何度も手を合わせた。
 自分の間抜けさにあきれたが、雨で冷えていた手は、なんとも不思議な気持ちの中、どんどんぬくもりを増していきました。

関連記事

  1. 人として

    12月7日「鳥は飛ばねばならぬ」坂村真民 一日一言

    「鳥は飛ばねばならぬ」鳥は飛ばねばならぬ人は生きねばならぬ…

  2. 一日一生

    一日一生 関を越える

    「自分の事好きになろう」相当前になりますが、仕事仲間の女の子に、「…

  3. 一日一生

    生き延びる

    自分のオヤジより長く生きる事が出来た・・・今はそう思い…

  4. 人として

    3月14日「知足」坂村真民 一日一言

    知足私は知足を足るを知ると読まず足るを知れと読…

  5. 人として

    横着はアウト

    私の好きな話の中に「天国の箸と地獄の箸」という話がありますが、…

  6. 一日一生

    一日一生 おかげさま

    人との縁は、自然に切れることはありません。そう言いきっていたのは今…

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

電子書籍

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

元気

  1. ルーツ

    チャンス
  2. 人として

    書きだすと起こる事
  3. 人として

    斎藤一人 毎日いい事が起きる占い③
  4. 人として

    「ヤマアラシのジレンマ」
  5. ルーツ

    引きこもりから日の当たる場所へ
PAGE TOP