人として

3月10日 鈍力を磨く 坂村真民 一日一言

鈍力を磨く

鈍力をいくら磨いても

無駄なことだというが

何もそんなことばに

耳を貸す必要はない

せっせと磨くのだ

刀は光らないかもしれないが

磨く本人が変わってくる

つまり刀がすまぬすまぬと言いながら

磨く本人を

光るものにしてくれる

そこが甚深微妙の世界だ

だからせっせと磨くのだ

関連記事

  1. 人として

    斎藤一人さん 「あなたは観音菩薩」

    私が100回以上聞き続けてきたテープの紹介です。当…

  2. 人として

    斎藤一人さん 「一人で二人分働く」

    私が100回以上聞き続けてきたテープの紹介です。当時は「一人塾…

  3. ルーツ

    自己責任

    知らないってことほど、何事も遠回りするって思います。私は、そんな人…

  4. 人として

    誰のための楽しさか?

    親が子を思い、子が親を思う私は、仲良くなった人達に、「自分が楽しく…

  5. 人として

    「ヤマアラシのジレンマ」

    この話は、どんなに時代が変わっても考えさせられるなと思いました。…

  6. 人として

    来た道、行く道、今の道

    近くに自分が通った小学校があるんですが、久しぶりに校舎の中庭にはいるこ…

唄う美容師LINE@

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

電子書籍自伝記

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

 

元気

  1. シンガーとして

    杜から
  2. 人として

    斎藤一人さん 「出し切る」
  3. 一日一生

    一日一生 関を越える
  4. 美容師として

    保護中: 美髪塾バックナンバー5
  5. 日常

    ・・・なければ
PAGE TOP