シンガーとして

目を上げたら幸せな気持ち

オリジナル曲
「目を上げたら幸せな気持ち」
長女が高校生の書いた詩が大好きな内容だったので、いつか曲をつけたいと思って作った曲です。

詩の内容は本当に素朴で女子高校生らしくない?
でも、彼女は本当に幸せな気持ちがいっぱいだったんだなって思えました。

おっさんが唄わない方がいいと思う歌でもあります。
途中から雑談が入るのがライブらしいと思いますが、少し聴きづらいと思います。

関連記事

  1. シンガーとして

    さらば青春の時

    こんにちは、こんばんは。このブログをいつも読んでくれてありが…

  2. なんちゃって演歌

    影法師 なんちゃって演歌11

    2016年に入って毎週土曜日にフェイスブック上で放送していた。なんちゃ…

  3. シンガーとして

    原点は変わっていません

    4年前のテレビの取材の動画が見つかったので紹介します。当初から…

  4. なんちゃって演歌

    男と女の数え唄 なんちゃって演歌6

    2016年に入って毎週土曜日にフェイスブック上で放送していた。なんちゃ…

  5. シンガーとして

    いちご白書をもう一度

    ギターを始めたきっかけにもなったのがこの歌になる。コ…

唄う美容師LINE@

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

電子書籍自伝記

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

 

元気

  1. なんちゃって演歌

    時代遅れ なんちゃって演歌
  2. ルーツ

    殴れない息子
  3. シンガーとして

    笑顔の向こう側その2
  4. シンガーとして

    決意
  5. なんちゃって演歌

    野風僧 なんちゃって演歌10
PAGE TOP