一日一生

強運になる魔法のルールその2

自分の損になることは一度でも考えたらだめ

一人さんは、自分は中学校しか出ていないと、公演会場でよく言います。この記事を書いている私も高校中退です。それも高校生活は一週間しかしていません。一人さんより7日だけ経験があります(笑)
一人さんは、このことをソンだと思ったことは一度もありませんと言います。私はある時期まで高校中退、いわば中卒だといことがコンプレックスのような感じがありましたし、しかしながら、そのおかげで今があるわけです。「ばねにしてきた」そう思うようにしています。

さて、ここからは通常の人がコンプレックスと感じそうな事を、強気に生きることで「強運」変えてしまうひとつのコツの話になります。

「早く社会に出たからトクなんだ」って何かにつけて思っていますという一人さんはサラリーマンの経験もありません。「サラリーマンに向かないから、社長向きなんだ」とも思っているそうです。社長業って「経験業」ですから、一つ一つ経験して、「こういう場合は、どうしたらいいか」覚えていくんですね。

他の人は、「社長業をやってみて、こんなに苦しいとは思わなかった。もう社長を辞めて、サラリーマンに戻ろう」っておもっているようですが、一人さんは戻れないのです。
サラリーマンの経験がないから、社長業を続けるしかない。だから、社長業を続ける条件としたら「ものすごくいい条件を」を持っているわけです。常にそう思っているようです。

自分の心というものを、不利に使うか、有利に使うかで、人生って、ぜんぜん違ってくるんです。
私は、不利な方には、絶対使いません。ただの一度だって、自分に損になることを、考えたらだめなんです。
「それで人生、うまくいくんですか?」って・・・いくんです

強運を招くのは「ちっちゃな努力」

私は「強運は考え方だ」と思っています。
だからお弟子さんにも私が知っている強運になる考え方は、全部伝えています。

強運を運ぶのはやっぱり笑顔です。
悲しい顔をしている人に、明るい人や明るい話が、集まるわけありません。

自分の人生を悲劇ととらえて、悲劇のヒロインぶっている人に、明るい話なんてこないんです。あと強運を招くのは「ちっちゃな努力」松下幸之助さんが、あそこまで出世したのだって「ちっちゃな努力」の連続なんです。

よく知らない人は、自転車屋の丁稚から、いきなり「世界の松下」と呼ばれるまで、飛び越えたと思っているんです。でも松下さんは、自転車屋の丁稚のときは、一生懸命丁稚奉公をしていたんです。

その後電気屋さんに入った時も。一生懸命仕事をしていたんです。ソケット作りを始めた時は、一所懸命、いいソケットを作ろうと努力したんです。すべて「ちっちゃな努力」の積み重ねなんです。

この話はまだまだ続いていきます。

関連記事

  1. 人として

    斎藤一人 毎日いい事が起きる占い⑭

    足元を見て歩くと 道のすみに咲く花に気づけるし 人にやさしくで…

  2. 人として

    「温故加新」

    以前新聞掲載された記事につけたす形で書いてきましたが、その最…

  3. ルーツ

    自分の役割

    「カニは甲羅に似せて穴を掘る」ということわざがありますが人は自分の…

  4. 一日一生

    生き延びる

    自分のオヤジより長く生きる事が出来た・・・今はそう思い…

  5. 人として

    3月13日「仕事」坂村真民 一日一言

    仕事頭が下がるのは年齢でもなく学問でもなく…

  6. 人として

    強運になるための魔法のルール

    読んだ瞬間から、あなたの人生が劇的に変わる!強運になるための魔法の…

唄う美容師LINE@

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

電子書籍自伝記

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

 

元気

  1. ルーツ

    出鼻をくじかれる
  2. 人として

    最大で最高で究極にうまく行くコツ
  3. 人として

    「手の暖かさ」
  4. 人として

    泥と砂を掴みながら生きる
  5. 人として

    斎藤一人 毎日いい事が起きる占い⑥
PAGE TOP