ルーツ

困ってしまってね

店長さ~ん

私がカットし始めるのは、美容師を目指して5年たっていました。22歳になっておりました。当時の店長の助手として仕事に励んでおりましたが、その店長がある時店のオーナーともめてしまい、辞めることになってしまったのですね。

私は、その店長の顧客をほとんど仕上げなどのヘルプに回っていましたので、その店長がいなくなってしまって、それじゃ片山君してよ!って運びになったわけです。

俺、カットの講習行き始めたばかりなんですが・・・

当時、私はカット講習の途中でした。一応トレーニングカットというコースは終了していましたが、本格的なデザインなどを切っていくには、やはり、基礎コース、中級そして上級のようなコースなどが用意されているのですが、その初級のまだ2回目ぐらいの頃で、いきなり店長クラスが持っていた顧客をする羽目になったのでした。

お客のオーダーに対応できない自分

お客さんの前では、情けない顔は見せられないものの、内心は毎日ハラハラなわけで、正直言って前のカットのラインを探りながら切っておりました。

そして、一日が終わると、ひたすらカットの教本を読んでおりました。普通ならウイッグと言ってカット用の人形を切って練習するのですが、それが全然面白くなくて、もっぱらお客様の髪の毛を実際切っていきました。

もちろん営業中ですから、料金を頂いての事でした。一番苦手なカットは、今流行っているようなぐらグラデーションボブといデザインでした。切り方が全く分からなかったのです。でもオーダーは入りますから、得意の前のカットラインを探りながら切っていたわけです。

ひどい美容師でしたね!

そうはいっても必死で毎日が過ぎていった感じでした。そんなある日またまたとんでもない話が持ち上がってくるのですね。勘弁して下さいよって話はこの次に

関連記事

  1. ルーツ

    オヤジの背中

    「俺が悪かった」・・・美容師を目指して半年後、家を出て一人で住…

  2. ルーツ

    ある存在に

    助けられた・・・同僚達や会社に車の免許をとった事を隠し、平然と仕事…

  3. 美容師として

    廃れるということ

    職人・・・聞こえが凄くいいと思います。でも・・・美容師の技術っ…

  4. ルーツ

    1週間だけの高校生活

    1976年~1週間だけの高校生活中学の卒業をひかえ担任の大反対を押…

  5. ルーツ

    側にある恐怖

    子供たちが成長し、自分の時間を持てるようになったときもおふくろは、…

  6. ルーツ

    今に感謝

    おかしな家族の中で育つ幼少期1961年~1975年人は人に…

唄う美容師LINE@

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

電子書籍自伝記

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

 

元気

  1. 本棚

    本棚:駆け出し通訳ガイドの奮闘記
  2. 美容師として

    保護中: 美髪塾バックナンバー4
  3. 人として

    3月9日 祈り 坂村真民 一日一言
  4. 日常

    魔除けの車
  5. ルーツ

    小さな手
PAGE TOP