人として

センスと思いで

多くの人が予測もできないものを提供する

 

それって、やっぱりセンスだと思っています。

 

子供のころ

こんな映画を見たんです。 最後まで食いついてみて、最後にこのラストシーンに、 子供ながらに、衝撃を受けました。 このラストシーンを創りたくて、映画をこさえたんやと、 その後何回か見て思いました。

 

「猿の惑星」という映画ですが、名優チャールトンヘストンが最後に

 

「ここは地球だったのか」・・・

 

いや~衝撃でした。

それを感じれなかった、子供心というか、大人にになっても忘れられない、このシーンはいいものをガキの頃に感じさせてくれたのかな?

 

 

 

12歳の男の子が女性の強さを知った時

12歳の時でした。 当時水曜ロードショーというテレビ番組がありました。 初めて、感動した洋画でした。

 

2週に渡って放送された映画は、

「風と共に去りぬ」

 

前編の最後に貧しさの中から立ち上がる、女性の姿に

「女性の強さ」を知りました。

 

その時の感動は、後の私にものすごく影響を与えました。

今美容師をやっていますが、きっとこの映画に出会っていなかったら、女性を相手に仕事していなかったと思います。

何度も繰り返し見れない時代でしたが、このシーンだけは脳裏に焼き付いています。

 

タラのテーマが流れる荒れ果てた大地に、ビビアンリーが立ち上がるシーン、このたくましさ、女性の芯の強さ、男にはおそらくないのかなと

今も思っていますね。

 

 

この動画でしたら

10分48秒過ぎぐらいから、そのシーンが出てきます。

 

 

友よ

片山の映画語録が続いていますが、

 

 

友達が大事だ・・・

 

そう教わってきました。

皆さんそうだと思います。

 

ただ・・・本当に

 

本当に

 

命をかけて守りたい友達って持てるのかな?

 

オッサンになった今でも、その答えははっきりとした言葉は言えませんね。

 

さて、

成人になって観た映画の中でも、脳天をぶち抜かれたというか 胸の内をぶち抜かれた映画でした。 ディアハンター 

 

 

 

 

親友を救いに、単身で乗り込んでいくロバートデニーロの危機迫る演技は絶品なんです。ラストに近いところでロシアンルーレットの対決は、見ものですが、

ベトナム戦争ものなので、全体的には暗いシーンが多いです。

 

関連記事

  1. 一日一生

    一日一生 おかげさま

    人との縁は、自然に切れることはありません。そう言いきっていたのは今…

  2. 人として

    斎藤一人さん 「徳を積む」

    私が100回以上聞き続けてきたテープの紹介です。当時は「一人塾…

  3. 人として

    「温故加新」

    以前新聞掲載された記事につけたす形で書いてきましたが、その最…

  4. 人として

    「ヤマアラシのジレンマ」

    この話は、どんなに時代が変わっても考えさせられるなと思いました。…

  5. 人として

    3月13日「仕事」坂村真民 一日一言

    仕事頭が下がるのは年齢でもなく学問でもなく…

  6. 人として

    斎藤一人 毎日いい事が起きる占い⑭

    足元を見て歩くと 道のすみに咲く花に気づけるし 人にやさしくで…

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

電子書籍

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

元気

  1. 人として

    斎藤一人さん 「魂力」
  2. 人として

    しあわせという言葉
  3. ルーツ

    すべては「ありがとう」
  4. なんちゃって演歌

    ダルマ なんちゃって演歌7
  5. シンガーとして

    出会い
PAGE TOP