ルーツ

チャンス

西洋の星占いで、男の大事なチャンスは一生のうち2度あると言う事を、40代の時に知った。

これからは、そのチャンスの掴み方というか、掴んだけど逃してしまった的な話になるかと思います。

してやられた

男のチャンスは、一生に2度ある!それは27歳から33歳の間。それと星が一巡りする60歳前後。この時期に必ず人生の大事な選択に迫られる。

人によれば、結婚なのかもしれない。また、慣れた仕事を変わっていく事になるのかもしれない。私の場合は30歳の時にそれはやってきた。

店を暖簾分けするという独立話。

これには、深いわけがあった。その事情もよく知っていた。知り尽くしていたと言ってもいいぐらい、私は会社の内情をしっていた。知らないのは美容室以外の事業での利益ぐらいで、美容室の方の事はほとんど実権を握っていた状態なので、わかっていた。

・・・そう、わかっていたつもりと言った方が正解だったと思う。

私の、20代の美容師としての修行は、今思うと、経営者に儲けさせる事の大事さを覚えていったのだと感じる。とにかく人が少なくなろう、どんな状況に落ちていこうが、個人的には利益を出してはいても、店的にはどんどん追い込まれていったのは確かにあった。

17歳から修行をさせて頂き、そこで中途半端ながら店長をさせて頂き、色々な勉強をさせていただいた。だからこそ、その恩返しもしっかりして行きたく、どんなにスタッフがやめていっても、自分一人が残っていれば、どうにでもなると思っていた節があったが、やはり一人の力はたかが知れている。

自分の無力さも、当時は出来もしない「ゆめ」に取りつかれていたし、足もとも全然見ていなかった。

実際、最後にはほとんど残らず、暖簾分けの形で従業員を受け継ぐ形になる時、冷静な判断も出来ず「情」に流されて行ったのです。

店としての魅了は、すでにこの時はほとんどなかったと今となっては思うが、「独立」という言葉に、私の心はやはり躍っっていた。

独立の意思がなかったはずの自分の心を疑った・・・でもこのふた文字に、私は、また新たなる修行の道に入って行った。

結婚してまだ3年目。子供はすでに二人いた。貯金は子供の学資保険がわずかあるぐらい。独立するための貯蓄など1円もしていなかった。

営業権を買い取るために、私は政府の銀行に足を運んで行った。そこで自分の甘さを嫌というほど行員さんから教えられる。

そりゃそうです。1円も持っていないやつが、いきなり店をやりたいから、事業計画もなしに、700万円貸してくれって行ったのです。

無知ほど恐ろしい事はない。それでも私は一つひとつ、どうしたら融資が受けられるのか、その行員さんに教えてもらいに、何度も銀行に電話をかけて聞いた。

自分の周りが思っているほど、簡単に大金は動いてくれなかった。

でも、貸す方の人はそれを知っている。そう思って食いついていった!

 

 

関連記事

  1. 人として

    仕事の原点

    美容師として独立しお店を持って丸25年になる日が近くなりました。…

  2. ルーツ

    人は人によりて人となる ルーツ

    人は人によりて人となる結構能天気に生きています、かたやまです。…

  3. 美容師として

    廃れるということ

    職人・・・聞こえが凄くいいと思います。でも・・・美容師の技術っ…

  4. ルーツ

    今に感謝

    おかしな家族の中で育つ幼少期1961年~1975年人は人に…

  5. 日常

    美容師としての時間

    長い事田舎で美容師をしていますと、周りに流されやすくなります。…

  6. 人として

    仕事の原点は11番ホール

    当時高校生が1ヶ月バイトをしても、自給が300円から350円の時代です…

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

電子書籍

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

元気

  1. 人として

    準備、実行、後始末
  2. ルーツ

    側にある恐怖
  3. ルーツ

    墓場まで持って行く気持ち
  4. 人として

    斎藤一人さんの教え1
  5. 人として

    12月9日「危険の中で」坂村真民 一日一言
PAGE TOP