ルーツ

オヤジの背中

「俺が悪かった」・・・

美容師を目指して半年後、家を出て一人で住むようになって、突然起きた事件

オヤジは、酒を飲んで、兄貴が風呂に入っているときに、
包丁を持って襲ったのだ。兄貴はとっさに身をかわし、オヤジのわき腹を一蹴り!事なきをえた。

しかし、オヤジのダメージはひどく、ベットに横たわっていた。
そばでお袋は、泣いていた。

「なんで、兄貴を・・・」「よう、覚えてない」「俺が悪かった」

いきなり衝撃な話から始まった、「オヤジの背中」

3人兄弟の末っ子に生まれた僕は、
今の生活と程遠い少年時代を過ごしてきました。

日本中の多くの家庭が貧しかった時代です。
明治生まれのばあちゃんに、昭和初期生まれの親を持ち、
戦争を経験しているその人達の行動パターンは、
平成の時代にはあまり残っていません。

しかし、大切な《何か》が私の心の中には、脈々と流れています。

決して立派ではなかった、酒のみのオヤジが僕に残してくれた、
オヤジにしか伝えられなかった、我が子への思いを、

私が勝手に話していきます。

オヤジって、実は怖い存在。なんて結構思われている時代がありました。

今もそのような、お父さんもいるのでしょうが、随分少なくなったようです。

私のオヤジはというと、日頃全く怖くありませんでした。

しかし、お酒が入ると、人が変わっていきました。
今ではあまり見る事のない、酔狂(すいきょう)が始まるのです。

これは、酔ってお袋を、言葉で、ぼろくそにいったり、日頃の不満をぐちぐち言うのです。

時には暴力をふるう事もありました。
今ではDVとでもいうのでしょう。

だから、酔ったオヤジは大嫌いでした。
よく親戚の家や、お袋の友達の家に逃げていったものです。

そして翌朝に帰ったり、ひどい時は、一ケ月ぐらい帰らないときもありました。今思うとただの夫婦喧嘩です。

しかし、酔っていないオヤジは好きでした。

だって、よく船に乗せて、魚釣りには連れて行ってもらえるし、
そこで船酔いしてもとても優しかったし、
絶対怒ったりしなかったからです。

私の記憶も途切れ途切れですが、強烈に残っているのは、
遥か岸から離れた、海の上で蜃気楼を3度見たことです。
これは壮大でした。そしてとても神秘的でした。

そして、命がけの経験もさせてもらいました。

10歳の時、突然海の上で天候が変わり、嵐になった時、転覆の危機を逃れる為命綱もつけず、船の外にしがみつき、
大シケの海から生還した事など、

強烈に死ぬことへの恐怖も体験させてもらいました。

幼少期の体験は、のちの人間形成にどこか大きく影響を及ぼす事は、よく言われることですが、

私が現実を超えた空想物などが好きなのも
このあたりの体験から来ているのかもしれません。

子どもって、親が笑っている姿にはすごく安心させられるし、
嬉しいものなのです。

しかし、そんなオヤジも、私が中学校に入ると、立場が逆転してしまいます。

次回につづきます

関連記事

  1. ルーツ

    生まれながらに持つ力

    美容師の仕事とは・・・我慢と辛抱の塊です。これは別に美容師の仕事に限ら…

  2. ルーツ

    墓場まで持って行く気持ち

    腐っていく気持ち店長になって、3人も店に来てくれない。先輩たちは笑…

  3. ルーツ

    側にある恐怖

    子供たちが成長し、自分の時間を持てるようになったときもおふくろは、…

  4. ルーツ

    うすら笑い

    思い出って思いだす時の気持ちで、どうにでも解釈が変わっていきます。…

  5. ルーツ

    自己責任

    知らないってことほど、何事も遠回りするって思います。私は、そんな人…

  6. ルーツ

    だれを目指せばよかったのか?

    師匠を求めて私には美容師としての師匠がいません。修行時代から師匠と…

唄う美容師LINE@

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

電子書籍自伝記

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

 

元気

  1. ルーツ

    チャンス
  2. ルーツ

    「お天道様はいつもお前をみている」
  3. ルーツ

    環境が自分を変える
  4. なんちゃって演歌

    あの鐘を鳴らすのはあなた なんちゃって演歌9
  5. 人として

    斎藤一人さん 「出し切る」
PAGE TOP