シンガーとして

さらば青春の時

こんにちは、こんばんは。

このブログをいつも読んでくれてありがとうございます。

歌にまつわるエピソードとして書いているコーナーですが、

今日は「さらば青春の時」の思い出を書けばいいのですが、実はこの歌には思い出なんかありません。

じゃあなぜここに書くのか・・・

それは・・・歌詞が好きだからです。そしてアリスというグループはやはり大好きなグループでした。

音楽を始めた時も、「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守歌」「チャンピオン」「今はもう誰も」など、ほとんどアリスの曲をベースにして唄っていたと思います。

なので、自分の中では「アリス」というグループはやはり大切な人たちになっています。

ギターもシンプルなコードが多くわかりやすいのが特徴で、だからこそいろいろな楽器が入ってきても演奏がしやすいのかなと思います。

さて、歌の内容ですが

振り向かないで歩いて行ける そんな力を与えてほしい

このの歌詞が好きで唄っているようなもんですね。

過去を見て生きるより未来を見てというか、過去を認めて今を生きる!それが出来たら、未来は決まったようなもの・・・

だから、歌詞の途中で、

はるかな夢を捨てきれないまま 熱い血潮は胸を焦がして

という詩が生きてくるのだと思う。

「情熱」ということにつながっていくのかなと思う。

そういえば、若い頃って、「情熱」の出し方がうまくいかず、特に女子には良く勘違いされたり、うまく熱が伝えられず、空回りすることが多いと思う。

特に昭和生まれの日本人男性は、そんなところがあるような気がする・・・

こんなことを書いても、過去は取り戻せないので、とっととぜーんぶ肯定した方がいいといつも思う。

関連記事

  1. なんちゃって演歌

    吾亦紅 なんちゃって演歌3

    2016年にはいって毎週土曜日にフェイスブック上で行われていた「なんち…

  2. シンガーとして

    ミッドナイトライブ

    Black village Midnight Live…

  3. シンガーとして

    「あ~勘違い」

    山口新聞に記載された話を書いてきていますが、今日は2話目。今読み返し…

  4. シンガーとして

    近所の兄さんの話

    今日は、幼少期から今に至るまで、なぜだかご縁のあるお兄さんの話をして…

  5. シンガーとして

    笑顔の向こう側その1

    東日本大震災チャリティライブの模様2012年3月に行った2時…

唄う美容師LINE@

電子トリートメントで綺麗にLINE@


電子のチカラ"で髪も肌も時短でうるおう

友だち追加




電子書籍化したノウハウ

嘘がつけない美容師が書いた本

美髪

あなたに似合う髪型探し

オリジナルCD プラットホーム

4曲入り ¥1500 視聴はこちら

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

電子書籍自伝記

ダルマ其の1

ダルマ其の2

ダルマ其の3

ダルマ其の4

 

元気

  1. 一日一生

    斎藤一人さん 上級の話「第4話」
  2. 美容師として

    保護中: 美髪塾バックナンバー5
  3. 人として

    準備、実行、後始末
  4. 人として

    斎藤一人 毎日いい事が起きる占い⑤
  5. 美容師として

    次亜塩素酸水のチカラ
PAGE TOP